ホーム>ドラクエ10基本データ> 世界観

等身サイズのキャラクターに合った世界

タンスと本棚

色々と新しいことに挑戦しているドラゴンクエスト10だが、
街の中や外も等身大キャラクターに合わせたリアルサイズになっている。

タンスやツボを調べて『やくそう』などのアイテムを見つけることができるのは従来通りの仕様。

フィールドと素材

フィールド

赤い宝箱

等身サイズのドラクエ10のフィールドマップは広い。
その広いマップ上の特定のポイントには、『素材アイテム』が落ちていることがある。
フィールドで薄緑色のキラキラしている場所を調べると、そのアイテムを入手することができる。

アストルティアの世界には時間と天気の概念もあるので、
特定のポイント、特定の時間、特定の天候で入手できる素材などありそうだ。

フィールドには赤い宝箱と青い宝箱が置いてあることがある。
赤い宝箱は特定の位置に固定されているが、一度開けると中は空っぽになる。
青い宝箱はいつも同じ場所にはなく、ランダムに出現する。

時間と天気の概念

時間の経過(昼・晴れ) 時間の経過(昼・曇り) 時間の経過(夜・曇り) 時間の経過(夜・晴れ)

今作も時間の概念が取り入れられており、
フィールドでは曇りと晴れを繰り返しながら昼→夜→昼と時間が経過し、約40分で昼と夜が切り替わる。

プラスドラクエ10のフィールドでは天気も変化し、雪が降ってきたりもする。

エテーネの村

ドラクエ10の冒険の始まる場所で主人公の生まれ故郷「エテーネ村」。
主人公は小さい頃に両親をなくし、今は自分の兄弟とともにこの村で過ごしている。

エテーネの村は、「育みの大地」と呼ばれるアストルティアでも孤立していて、オフラインの世界に存在する。

冒険の舞台は「アストルティア」

今作で冒険の舞台となるのは、4つの大陸と1つの諸島(オーグリード大陸、プクランド大陸、エルトナ大陸、ドワチャッカ大陸、ウェナ諸島)からなるアストルティアという世界。
この世界を舞台に、「オーガ」「ウェディ」「エルフ」「ドワーフ」「プクリポ」の5種族の中からキャラクターを選び、
性別や顔などを選択するキャラクターメイキングでプレイヤーの分身を作り、旅をすることになる。

大陸名 特徴
オーグリード大陸 アストルティアの北西に位置するオーガ達の出身地。寒暖差が激しく荒野と氷山という全く異なる地形が存在する。
ランガーオ村=おのれをきたえようとする修行者達が集まる地。
ウェナ諸島 アストルティアの南西に位置するウェディの出身地。この地域は水に恵まれた島々がいくつも連なる群島。この島々では、亜熱帯を思わせる植物が群生する島が多い。
エルトナ大陸 アストルティアの北東に位置するエルトナ大陸はエルフの出身地。自然と共生するエルフが住まうエルトナ大陸は、その自然の美しさを謳歌できる風土。街角に並ぶ木々には色とりどりの花が咲き乱れる。
ドワチャッカ大陸 アストルティアの東に位置するドワーフの出身地。大陸の大部分は、砂漠と火山地帯に覆われている。
プクランド大陸 アストルティアの南東に位置するプクリポの出身地。緑豊かな平原となだらかな丘陵が続く地形が特徴。
© 2010 ドラゴンクエスト10 五つの目覚めし種族攻略広場

武器・防具・マップを探すなら、ドラクエ10攻略広場で