ホーム>ドラクエ10基本データ> ニュース2011/09/05

ドラゴンクエスト10は、シリーズ初のオンラインゲームと公式発表

発売日、正式タイトルと対応機種について

Wii本体2011年9月5日午後2時から、Ustreamニコニコ生放送で生中継されたドラゴンクエストの新作発表会が開催され、 シリーズ最新作の発売日は2012年度内と正式に発表された。

正式タイトルは、「ドラゴンクエスト10 五つの目覚めし種族」で、
対応機種はWiiとWiiUで、Wii版の発売日が2012年度内で対応メディアはWii用12センチディスク+USBメモリー、WiiU版については発売日と対応メディア共に未定となっている。


シリーズ初の自社開発で、シリーズ初のオンラインRPG

ドラゴンクエスト10は、シリーズ初となる自社開発ソフトで、さらにシリーズ初のオンラインRPGとなっている。

物語の舞台は、五つの大陸からなる「アストルティア」という世界で、この世界を舞台に「オーガ」「ウェディ」「エルフ」「ドワーフ」「プクリポ」の5つの種族の中からキャラクターを選び冒険することになる。

5つの大陸に5つの種族ということから、それぞれの大陸には国家があり最初はバラバラの離れた場所で物語が始まることを予感させる。

ドラクエ9の基本的なシステムを踏襲(職業と転職システム、酒場)

最新作は、基本的な部分でドラクエ9のシステムを踏襲しており、シリーズでおなじみの職業システムと転職システムももちろん採用されている。


キャラクター

  • ・ 今作ではデフォルメされたキャラクターではなく、等身サイズのキャラクターをドラクエ9のようにメイキングする
  • ・ 装備を変えると見た目の姿も装備した状態に変わる
  • ・ キャラクターの成長は、ドラクエ8以降採用されているスキルポイントシステム。スキルポイントを振り分けて、特技を覚えるというもの
  • ・ 冒険を休む(ログアウト)する時は、酒場で「自分をとうろく」することで、他のプレイヤーに自分のキャラクターを使ってもらうことができ、使ってもらった自分のキャラクターには、何割かの経験値がはいる

    また、オンラインゲームにありがちなパーティーを組まないと楽しめないということがないように、AI(人工知能)で動くキャラクターを連れてパーティーを組むことができる他、自分のキャラクターを酒場に預けて、他のプレイヤーが同行させることでも、自分のキャラクターを成長させることが可能。

町の内外

  • ・ 街並みもデフォルメされていないが、雰囲気はドラゴンクエストのそれで、タンスを調べてアイテムを入手したりできる
  • ・ 外にいるモンスターは見えているシンボルエンカウントシステム
  • ・ 他のプレイヤーが戦っている姿も見える
  • ・ 他の戦っているプレイヤーを応援することができ、応援されたプレイヤーはテンションが上がる
  • ・ 町で他のプレイヤーに仲間になってもらう時は、会話をして交渉成立したら、コマンド「なかまにさそう」で仲間に入ってもらう

酒場、仲間

  • ・ 酒場では、職業やレベルなどを設定した条件で仲間を探すことができる
  • ・ パーティーの最大人数は4人
  • ・ 酒場で仲間に入ってもらうには契約金が必要になる
  • ・ よく使う言葉などは、あらかじめ登録されたリストから選択して会話できる
  • ・ ドラクエ9の「ガッツポーズ」などのように登録されたジェスチャーでもコミュニケーションできる
  • ・ USBによるテキストチャットもできる
  • ・ 町で他のプレイヤーに仲間になってもらう時は、会話をして交渉成立したら、コマンド「なかまにさそう」で仲間に入ってもらう
  • ・ 冒険を休む(ログアウト)する時は、酒場で「自分をとうろく」することで、他のプレイヤーに自分のキャラクターを使ってもらうことができ、使ってもらった自分のキャラクターには、何割かの経験値がはいる

    また、オンラインゲームにありがちなパーティーを組まないと楽しめないということがないように、AI(人工知能)で動くキャラクターを連れてパーティーを組むことができる他、自分のキャラクターを酒場に預けて、他のプレイヤーが同行させることでも、自分のキャラクターを成長させることが可能。

戦闘

  • ・ 外にいるモンスターは見えているシンボルエンカウントシステム
  • ・ 戦闘は、一定時間毎に自分のターンが回ってくるターン制(特別焦ってコマンド入力する必要はない)
  • ・ 攻撃には会心の一撃もある
  • ・ 戦闘中に他のプレイヤーが入力したコマンドは、名前の左側に内容が表示される
  • ・ 敵にダメージを与え続けていると、モンスターのHPの減少状態に対応して名前の色が変化していく
    (白色→黄色→オレンジ色モンスターのHPの状態変化
  • ・ 戦闘中に周りに見える半透明のキャラクターは他のプレイヤーで、周囲で応援することで、戦闘中のプレイヤーのテンションを上げることができる
  • ・ 死んでしまった時は、その場で他のプレイヤーに生き返らせてもらうのを待つか、教会に戻って復活するかを選択することができる

職人システム

  • ・ 職人システム(町で武器や防具を制作できる)がある
  • ・ ドラクエ10の錬金は、武器や防具に特殊な効果を付けるもの
  • ・ 人から素材をもらって、錬金してから元の人に渡すこともできる
  • ・ 自分が作った装備を、たくさんの人に使ってもらうことで、自分の名声値が上がるシステムがある

他のプレイヤーとのコミュニケーション

USBキーボードもちろんオンラインゲームであるからには、他のプレイヤーとどのようなコミュニケーションをとれるのかも重要な要素となる。

  • ・ よく使う言葉などは、あらかじめ登録されたリストから選択して会話できる
  • ・ ドラクエ9の「ガッツポーズ」などのように登録されたジェスチャーでもコミュニケーションできる
  • ・ フィールドでは他のプレイヤーとUSBキーボードでのテキストチャットもできる
  • ・ 他のプレイヤーに仲間になってもらって強敵に立ち向かうことができる
  • ・ 戦闘の外から応援してもらって、テンションを上げてもらい、助けてもらうことができる
  • ・ 装備を自分で制作できる職業とシステムがあり、装備を他のプレイヤーに渡すことができる
  • ・ ゲームの世界の敷地に自分だけの家を持つことができる
  • ・ ちなみに家は、内装も外装も自由にカスタマイズすることができる
  • ・ ニンテンドー3DSにキャラクターを移せば「すれ違い通信」を楽しめる

発表会での岩田社長のコメント

発表会には、任天堂の岩田聡社長もかけつけ「(かつて)敷居の高いRPGを日本中に知らしめた実績を持つ『ドラゴンクエスト』が、オンラインゲームになってどのように(オンラインゲームを)変えていくのか。私自身も楽しみ」とエールを送った。

© 2010 ドラゴンクエスト10 五つの目覚めし種族攻略広場

武器・防具・マップを探すなら、ドラクエ10攻略広場で